にきび痕ができる原因について

にきび痕ができる原因について

多くの人が悩むにきび痕というのは色素沈着の事で、にきびができた時に掻きむしってしまったり、にきびの中の膿の部分をつぶした時にできてしまうといいます。シミなどとは異なり、傷ができた所に色素沈着したものを、にきび痕と呼んでいます。なかなか改善するのは難しく、にきび用の薬を塗っても無理です。にきび痕ができてしまったら、にきび用の薬は使わないように注意しましょう。場合によっては状態がひどくなり、クレーターと呼ばれるでこぼこが肌表面にできてしまう事も、にきび痕ができてしまった後にケアしないで放っておくとあるそうです。どういう状況でにきび痕になるのかを知っておくことが、にきび痕ができてしまわないようにする為には不可欠ではないでしょうか。たくさん皮脂が分泌されると毛穴に溜まるのは、毛穴には皮脂線があるからです。にきびができる原因は、アクネ菌と呼ばれるにきびの要因ともいえる細菌が毛穴に入り込むことによって炎症を起こしてしまうことです。皮膚の毛穴の中にたまるのが白っぽい膿なのですが、どんどん炎症がひどくなればなるほど膿が増えていきます。膿がたまっている部分は、アクネ菌による炎症で皮膚組織の細胞が破壊されているので、細胞を元の状態に戻そうとしてコラーゲンを大量に作って補修しようとします。元通りにきれいに治るのは、にきびの症状がそれほどひどくない場合です。肌の表にでこぼこが残ってにきび痕になってしまうのは、にきびが大きく、たくさんの膿が出た場合です。